マツダ アテンザ 後ろまわり 追突による保険修理 相模原市

こんにちは(^o^)丿

今日の作業実績のご紹介です。

 

マツダ アテンザのリヤまわりの保険修理です。

追突事故による対物保険を使用した修理になります。

それでは損傷を見ていきましょう

パッと見は大したことのないように見えます。

実際に私もそう思っていました😅

 

分解して細部まで損傷を診断していきます。

部品が付いている状態ではどこまで損傷が及んでいるか分からないので、分解をしながら

細部にわたってチェックをしていきます。

バンパー内側のバックパネルが大きく押し込まれています。

そのせいで内部に水も侵入し、フロアには水が溜まってしまっています。

バンパーなどの樹脂パーツは強くあたっても元の形状に戻ってしまう事が多いので、

このぐらい大丈夫と思っても、案外中は酷い状態になっていることも少なくありません。

 

板金作業工程

まずは粗だしです。レバーホイストを使い、元の形状の近くまで引っ張り出してあげます。

引き作業が終われば交換パーツ(バックパネル)を取り外します。

バックパネルはボディーに溶接でついているので、専用のドリルを使い

溶接箇所を一点ずつ剥がしていきます。

バックパネルを溶接して、同時にバックドアを修理します。

サフェーサーを入れて板金作業は終了です(^o^)丿

 

塗装工程

まずはバックパネルの室内側を塗装します。

室内は内板色といって外板とは違う色を使っているので、同じような雰囲気になるよう塗装します。

次に外板パネル及びバンパーの塗装です。

バックパネル塗装時の写真は撮りわすれてしまいました💦💦

 

組みつけ

塗装までの工程が全て終われば、磨きをして分解したパーツを組み付けすれば全ての作業が完了となります。

全て終わった後、もちろん真心を込めた洗車はサービスです(∩´∀`)∩

 

 

割引クーポンのご案内です(^o^)丿

ただいま、BSWでは3月限定で工賃割引のクーポンを発行しております。

このお得な機会に、愛車の気になるキズやへこみの修理をしませんか?

クーポンはこちら

ご連絡をお待ちしております😌

ページ上部へ